記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web限定『ゲームと人』井上 Feat.クロダ 後篇

みなさん、こんにちは。

足立区民でもなければ西成区民でもない、真っ直ぐな性格をしているイツキです。


前回の記事→web限定『ゲームと人』井上 Feat.クロダ 前篇はご覧頂けましたでしょうか?

あまりに刺激的な内容だったので賛否両論あると思いますが、結果を残している実力者たちの一つの意見として読んでもらえたら良いんじゃないかと思います。


あ、おかげさまでFC2ブログのアクセス数ランキングでゲーム部門44位、アーケードゲーム部門1位という輝かしい記録を残すことができました!


th_スクリーンショット 2016-01-30


まぁ、ブログのアクセス数なんてちょこっと増えたところで何の意味もないんですけどね…。

でもたくさんの人に読んでもらえるのは素直に嬉しいことです、ありがとうございます!!



というわけで、『ゲームと人』井上 Feat.クロダ後篇を見ていきましょう。


th__DSF1789.jpg



井上(写真右)
EVO2003 カプエス2部門優勝、闘劇'08 ストIII3rd部門優勝などカプコン作品を中心に古くより活躍する強豪プレイヤー。
ロジック井上と揶揄される事もある理論派プレイヤーという一面もありながら、大会での本能剥き出しのプレイが特徴的で、なおかつ大舞台に強いと定評がある。
近年はそのプレイスタイルのみならず、言動の方も牙剥き出しの過激さに定評がある模様。
今回、第14回クーペレーションカップに出場するため上京中のところをキャッチ。



クロダ(写真左)
ストリートファイターIII 3rd strikeにてその名を轟かす「3rd神」
異次元の反応速度、入力精度、読み、更には非常に固い防御能力が特徴のプレイヤーである。
闘劇08、10、12と3度の優勝、そして2度のベスト4という3rd神の名に相応しい輝かしい実績を残しており、使用キャラもQ、豪鬼、ケン、オロとその年によって様々で、幅広いキャラのやり込みと人間性能の高さを知らしめている。




◆コミュニケーション能力◆


th_名称未設定 1





th_井上顔アイコン

まあまあ、そんなこんなでウメハラを決勝で倒して優勝するっていう目的が達成されたのが5年後?くらいのEVOの舞台になるわけで。
ベスト8くらいでウメハラをルーザーズに落として、上がってきたところをグランドファイナルで迎え撃って倒すっていう最高の展開で。
ここで自分はもう卒業というか終わるのかなと思ってたんですけど、全然でしたね。
もう俺が対戦してきて背中に背負ってきたものがウメハラの重みを超えていた。
結局、ウメハラを追い続ける中で知らんうちにゲームとか対戦とかゲーセンとかがすごい好きになってたんすよね。
新宿モアで全然知らないスパ2Xのベガの人と世間話してて気づいたら朝近くで家まで送ってもらうとか。
梅田モンテの床で寝転がって牛丼食ってるバカがいたりだとか。
そういうの全部含めてゲームセンターが好きになってたんですよね多分。


th_イツクリマン

あぁ、そういうバカいますね、僕もそういうバカのうちの一人です。
知らず知らずのうちにゲームやゲーセンが大切なものになってきたわけですね。
ところで井上さんは普段どれくらいゲームされているんですか?


th_井上顔アイコン

当時は18時間とか平気でやってましたよ。
自分は才能が無い、やることやるしかない、ずっとそう言い聞かせてきていたので。
でも今は一度離れて所帯持ちで戻ってきたのもあって、週に一回数時間ゲーセン行けたら良いほうっすね。
だから正直、自分ってほんとにまだ強い?って不安はすごくありますよ(笑)
まあでも、ちょくちょくウル4のイベントとか出させてもらってる感じだと、やっぱり舞台が大きかったり絶対に負けられなかったりする場面だと、強い。
少なくとも実力以上のことはできている。
それで十分かなって、あとはやるだけ。


th_クロダ顔アイコン

良い刺激になったんだね。
悪く言えば調子こいた。


th_イツクリマン

せっかくカッコイイこと言ってんのに台無しにしてくるな、この人は…。
ちなみに大会で実力以上の結果を出す秘訣とかはあるんですか?


th_井上顔アイコン

いっぱいありますよ。
まあまず、俺は大会で勝つためにゲームやってた人間なので、普段楽しく遊びたくてゲームしてる延長の奴に負けるかよってのはありますね(笑)
その上でだけど、うーん…例えば俺は大会で難しいことを絶対しないって決めてるんですよ。
そこらへんの人がやってるようなちょっとだけ難しいコンボとかもしないんです。
あと基本的に試合中、相手を見ない。
相手が走ってきたらこの技を出そうとか、そういうのを一切しないんですよ。
こんな感じのときは、ここらへんのボタンを押しておこうくらいのことしかしないんです。
その代わり、試合中ひたすら相手をうかがってる。
ガードを解く瞬間なり、手癖なり、グラップのタイミングなり。


th_クロダ顔アイコン

それはみんなやってることなんじゃない?


th_井上顔アイコン

いやいやみんなは難しい事をしすぎてるよ。
相手のダッシュに反応しようとかしてると、相手を見てる暇なくなるからね。
野試合の連戦とかだったら相手の行動に反応したり難しいことやりながらでも相手を見抜くまでの時間があるからやっていけるけど、大会の一発勝負ってなったら例えよく知ってる相手でもその日の体調とか緊張とかが加わって全く違うことしてくるから、より短い時間で相手を見抜いて読みを働かせることがより必要になってくるわけ。


th_イツクリマン

なるほど(蹴りと肘を入れたときの相手の反応はどんな感じだったんだろう…)


th_井上顔アイコン

あとほら、読み合いって相手が昇龍拳出してくるかどうかみたいな、グーなのかパーなのかっていうのを読み取ることを読み合いって言う奴が多いんやけど、たぶんそれは違うと思うんです。
まずそんなん読めるわけないやん、読めたらエスパーやろって。
読み合いっていうのは画面から読み取れる情報をお互いに「読む」ことであると思うんですけど、大会の一発勝負の中で読み合いができてる人がほとんどいない。
相手が走ってきたら投げるとか、目の前で中足がスカったら大足で刺し返すとか、自分のプレイをすることに一生懸命になりすぎてて、ノルマをこなす作業をしてる感じ。


th_クロダ顔アイコン

分かりやすく言うと、飲み会だよね。
おもしろいこと言わなきゃいけないとか、サラダ取り分けなきゃいけないとか。


th_井上顔アイコン

そうそう、俺一切せんもんね(笑)


th_イツクリマン

空気を読む、相手のことを知ろうとする力が必要なわけですね。
突き詰めていくとキャラ対策よりも人対策のほうがウエイトを占めてくるもんなぁ。


th_井上顔アイコン

キャラ対が終わってるからこそなんですけどね。
キャラ対が終わってるから試合中に読み取る内容って最初から決まってるんですよ。
漠然とコイツは投げがこうかな…?とかじゃなくて、初手に打つ連係とかも全部決まってる。
相手がどう動くか一番見やすい連係を組んでるんです。
例えば小技→突進技、小技→突進技みたいな感じにハメていったら、例えそれが成功したとしても相手がなにをして食らったか見えないじゃないですか。
それに対して例えば初手がコマンド投げやったら、相手がどう返したか見やすいでしょ?
初手が当たるかどうかよりも相手の行動が画面に映るっていうのが俺は一番大事だと思ってて、だから前半のジャンケンは相手がなにをしてどうなったか分かりやすい連係しか組まない。


th_クロダ顔アイコン

人とコミュニケーションとるのが好きなんだろうね。
でも嫌いな人は本当に嫌いでしょ?


th_井上顔アイコン

あんまりいないよ。
人から嫌われることはあっても、嫌いになることはあんまりないかな。


th_クロダ顔アイコン

足立のプロゲーマーと似てるよ。
あの人もあんまり人のこと嫌いにならないけど、ごく一部の嫌いな人には勝率悪いもん。


th_井上顔アイコン

あーーーー。
わかるわ。
俺もよく考えたらこいつはちょっと嫌いかなって奴居るけどいっぱい負けてる(笑)


th_イツクリマン

嫌いな相手とはコミュニケーション取ろうとしないからだ(笑)
いやぁ、なんだから今回いろいろとお話をして僕の中で井上さんのイメージが変わりました。
すごく気さくに話してくれるし。


th_井上顔アイコン

えっ、そうなんすか?


th_イツクリマン

もっとチンピラみたいな人かと思ってましたからね。


th_井上顔アイコン

あながち間違ってないけど。


th_クロダ顔アイコン

ちょっと多重人格チックというか、いろんな面を持ってるってことだよね。
力丸みたいなのもいるしね。



◆依存しない人生◆


th__DSF1785.jpg



th_イツクリマン

そういえば井上さんってある程度ゲームやってたと思ったら突然ふっと姿を消して、また何年かして帰ってくるっていうパターンを繰り返してますけど、あれはなんか理由があるんですか?


th_井上顔アイコン

いや全然無いですよ。
別に対戦好きだからといって一生それをやり続けて死にたいとは思わないし、人生というか地球上?にまだ経験したいことはたくさんあるはず。
それに対戦が好き過ぎてもう自分の中に自然にあるから、やる頻度が下がっても別に気にならないんですよ。
毎日対戦、毎日トレモってしないと落ち着かないわけじゃなくて、ただただ自然に対戦をする人になっているから、目の前にゲームがあるならするし、たまたま目の前にゲームがない境遇を生きるならしなくてもいい、って思ってます。


th_クロダ顔アイコン

ゲームに依存してないって良いじゃん。
みんなゲームしてる気になってるけど、実はゲームに支配されてるんだよね。
犬に散歩させられてるおばちゃんみたいな感じ。
だから俺はやりこみって反対派なんだよね。
ゲームやりすぎてて強い奴ってカッコ悪いんだよな。
『俺、ゲームもできますよ?』くらいの感覚が理想。


th_イツクリマン

クロダさんってすごくゲームやりこんでるイメージありますけど。


th_井上顔アイコン

いやいや、こいつ全然やってないですよ。
攻略も腕も全世界で抜きん出て高次元な所に居るけど、全然やってない。
家庭用無いしゲーセン来ても使って200円くらい。
だいたい他の人の対戦見てるか談笑してますよ。


th_イツクリマン

うーん、見てるところが他の人とは違うんだろうか。


th_井上顔アイコン

これは俺からクロダへの答え合わせというか、これで合ってるか聞きたいんだけど、クロダってたぶん無駄な時間がないよな。
俺らがスマホぽちぽちやってるような時間がない。
普通の人間って俺は●●やりこんでます!これに賭けてます!っていう状態でも、どっかで他のことにかけてる時間があって、それが積もり積もって膨大な時間を無駄にしてる。


th_クロダ顔アイコン

上手いこと時間をやりくりしてるのかもしれないね。
たしかに俺のトレモとか、普通の人の短縮バージョンくらいだと思う。
パっとやって、はい終わり!みたいな。


th_井上顔アイコン

そう、でもそれはクロダメモがあるおかげやん。
こいつ、スマホくらいの大きさのメモ用紙5枚くらいにビッシリ調べることが書いてあるメモを持ってるんですけど、それを持って家に遊びに来たりするんですよ。
書いてある内容もため息が出るくらい緻密で、普通の人にはわけわからんようなことまで書いてあるんですけど、そのメモを作られるまでの過程を想像するだけでも常人にはしんどい。


th_クロダ顔アイコン

対戦してるときに気になったこと、普通の人じゃ気にならないようなことまで覚えておいてバーっと書き溜めておく。
そんで、ふと夜中にトイレ行くのに起きたときにまた思い出してメモ書いて…とかしてるね。


th_井上顔アイコン

ほらそれ!
そこで普通はラーメン作って寝るんやって。
シロいたち君もそうやったけど、そこが本当の天才なんやなって思う。
俺は今回の人生でそれを真似できるかわからへんけど是非みんなにこの天才性のロジックをお伝えしたい(笑)


th_イツクリマン

夜くらいおとなしく寝とけよ。
それでは最後にこれからの展望などをお願いします。


th_井上顔アイコン

うーん。
いや、無いっすね。
無いというか特に何も変わらない事を一番大事にしたい。
たとえe-sportsやなんやってなっても、今まで大事にしてきたものを変えないこと。
今までの大会も対戦もEVOでもなんでも、常に金なんかと比較にならないほど大切なものを賭けて戦ってきたつもりなので、それがブレないようにありたいですね。
たとえば目の前に大きな大会があると。
仮にその賞金が5,000万円とか言われても種目がクソみたいなゲームやとしたら「いやこんなゲームやらんし」って、いつもどおり言いたい。
逆にクソみたいなゲームでさらに賞金も何もなくっても「井上と対戦がしたい、お前を倒したい」って言ってくれるやつが居るんやったら全力でそのクソゲーやってみたいっすね、今までどおり。


th_イツクリマン

カッコイイこと言いますね。


th_井上顔アイコン

あ、あと強いて言えばあれやね。
ゲームセンターとゲーム業界の更なる発展と新規顧客の獲得に向けて~みたいなムーブメントあるじゃないですか。
僕あれはクソやと思ってるんで(笑)


th_イツクリマン

どういうことですか?


th_井上顔アイコン

いや、僕ゲーセンなんて「がんばり学級」みたいなもんやと思ってるんですよ。
マジで。
社会生活ちゃんとできてる奴ってわざわざゲーセン来ないじゃないっすか?
たまたまデートで寄ったとかじゃなくて毎日居るような奴ね、俺らみたいな。
たとえば俺とかトーマス岡田とか、もしゲーセンが無かったらもう死んでると思うんですよね。
何人か巻き添えにしながら(笑)
そんな俺でもなんとか社会復帰というか、皆さんの社会に混ぜていただくことが出来ているのは、絶対ゲーセンのおかげやと思ってるんですよ。
もう落ちるとこまで落ちて死ぬしかない奴を受け止める受け皿というか。
ゴミクズしか集まってこないけどゴミクズなりにそこに社会を作っていってその中で社会性なりなんなりを学んでいく貴重な場所なんちゃうかなって。
あれやな、福祉施設やな。
わざわざ健常者が来るところちゃうで、と。


th_イツクリマン

まったくオブラートに包む気がないな、この人。
俺は知らず知らずのうちにゲーセンフリーペーパー「ゲームと人」じゃなくて、がんばり学級新聞「ゲームと人」を作っていたわけか…。


th_井上顔アイコン

その役割を果たせよって思いますよね。
社会からはみ出ざるをえないゴミクズっていうのは毎年必ず一定量生産され続けるわけじゃないですか。
それをちゃんと拾っていける場所であってほしいなと思いますね。
明るく楽しい禁煙ゲーセンにはクズ来れないですよ。
とはいえ、実際にはアミューズメントホールとか増えてきてるし、それを前提としたゲームばっかり生まれる以上、棲み分けなのかなあとは思いますけどね。
んーまあ僕は、とにかく今までどおり。
自分らが大事にしてきた事を見失わないように対戦していきたいと思いますのでよろしくお願いします。






ゲームと人々表紙画像!

B5判 フルカラー60ページ
価格 1,000円
※吉原基貴先生、表紙描き下ろし!!

収録内容
「ゲームと人」 Vol.01 ヴァンパイアセイヴァー さかもと氏
「ゲームと人」 Vol.02 AC北斗の拳 K.I氏
「ゲームと人」 Vol.03 餓狼MOW わた氏
「ゲームと人」 Vol.04 BLAZBLUE かきゅん氏
「ゲームと人」 Vol.05 ぷよぷよ通 ALF氏
「ゲームと人」 Vol.06 実況者 アール氏
「ゲームと人」 Vol.07 バーチャ/STG ホームステイアキラ氏
「ゲームと人」 Vol.08 KOF/電撃FC 大御所氏
「ゲームと人」 Vol.09 スト3サードストライク 力丸氏
「ゲームと人」 Vol.10 恋姫演武 伝説のオタク
イツキが行く!ゲーセン探訪記

↓バックナンバー等のお取り扱いはコチラ
◆イツキと写真 通販サイト◆

↓最新情報やゴミ溜めのような呟きを見るならコチラ
◆イツキのツイッター◆
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。