記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゲームと人』Vol.16の試し読みとVol.17のお知らせ

皆さんこんにちは、ゲームも出来る写真家のイツキです。

最近少しサボってたんじゃね?なんて思われてる方もいるかもしれませんが、あまり俺を舐めんなよ。
ちゃんとやってっから!!!
ゲームばっかやってるわけじゃないからね!!!


ってなわけで、Vol.16とVol.17のゲストは
鉄拳シリーズで活躍されているユウさん、ノビさんのお二方です!
よくぞ、この胡散臭いフリーペーパーの取材を受けてくれた!
本当にどうもありがとう!


今考えてる感じだとVol.16とVol.17同時配布になるっぽいです。
まだ配布スケジュールが確定してないんですけど、9月中旬くらいには配布できるように準備しております。
配布できる日が確定したらツイッター等でお知らせしますね!
イツキのツイッターをフォローしよう\(^o^)/


ノビさんがゲストのVol.17の試し読みも近日中に公開予定なので是非チェックしてみてくれ!





ゲームと人Vol16表紙改





ゲームと人Vol17表紙
















th__DSF1052.jpg





th__DSF1044.jpg





th__DSF1125.jpg

ユウ

鉄拳シリーズのフェン使いのトッププレイヤーであり、関東の名門チーム「No Respect」のリーダーで元アルカディアライターという経歴の持ち主。
パチンコ・パチスロメーカーの山佐株式会社よりスポンサードを受けている鉄拳では数少ないプロゲーマーの一人であり、各種イベント、メディアへの出演や大会遠征などを精力的にこなす。
若そうに見えるが、実は30代であることを告げられてビビった。




イツクリマン2016

ユウさんといえば古くからフェン使いのトッププレイヤーとして有名ですよね。
鉄拳というゲームはプレイヤーの新陳代謝が激しいと言われていますが、長くトッププレイヤーとして活躍を続けられる秘訣を教えて下さい。


th_ユウ顔アイコン

そういうふうに言われることってよくあるんですが、鉄拳って僕がやり始めた鉄拳TAGとか鉄拳4の頃から基本的な読み合いとか、強いと言われている行動の根っこの部分が変わってないんですよね。
凄く反応が良い若い子がやり始めてもそういった部分の熟練度が直ぐには備わらないのかなと。
貯金で食ってるって言ったらおかしいですけど、今までの経験値があるから今でも一線でやれてるんじゃないかと思います。


イツクリマン2016

そういった部分で言うと2Dも3Dも変わらないんですよね。
僕も昔、鉄拳をやっていた時期があるんですが、確反だとかスカ確だとか色々な要素を意識している中で投げ抜けでメチャクチャ苦労したんです。
あれって2D畑の僕からしたら常軌を逸した反射神経を要するものだなって思ったんですが、そういった部分で年齢的な衰えとかはないんですかね?


th_ユウ顔アイコン

僕らからしたら反射的に投げ抜け押しちゃうので、ストリートファイターシリーズのグラップを仕込みで入れたりしてるほうが大変だと思うんですけどね。
投げ抜けは反射神経とかではなくて慣れによるところがかなり大きいと思います。
他ゲーのプレイヤーからは「鉄拳の投げ抜けっておかしくない?」って必ず言われるんですよ(笑)
鉄拳7からは投げ抜けの猶予Fが増えたり、投げ抜けの種類も簡素化されたりして投げ抜けに対する敷居は下がっているんですが、それでも他ゲープレイヤーからは投げ抜けが一つの壁として存在することは確かです。
でもイツキさんも仮に鉄拳をずっと続けていたら、2000試合とか3000試合に到達した頃には、あれ?最近投げ抜けできるようになったな?っていう時期が必ず来ていたと思います。


イツクリマン2016

投げ抜け練習フラッシュでキーボードクラッシャーになったことを思い出したわ。
そこらへんの土方の兄ちゃんも的確に投げ抜けしてたりしますからね。
パッと見ゲームなんてやりそうにない人種が超強かったりするから鉄拳って面白いです。


th_ユウ顔アイコン

イツキさんが仰るように鉄拳っていわゆるオタク系の人たちよりも土方の兄ちゃんだったり金髪のヤンキーが遊んでたり、そういうイメージが昔からありますね。
それが何故なのかは分からないんですが、キャラの見た目だったりゲームの爽快感だったり、そういった要素が血気盛んな男たちに好まれるのかもしれません。


イツクリマン2016

ユウさんくらい強いとトラブルとかに巻き込まれた経験ありそうですね。


th_ユウ顔アイコン

そんなに多くはないですけど経験はありますね(笑)
世田谷区のゲーセンで鉄拳5を一人でプレイしていたときのことなんですが、僕がデビル仁を使っていて筐体の向こう側のオラついた二人組がクリスティを使っていたんです。
デビル仁の鬼鐘楼っていう蹴り上げる技がクリスティに効果抜群なんですが、その技だけでひたすら処ってまして。


イツクリマン2016

ヤンキーを処るのはダメだと思う。


th_ユウ顔アイコン

向こうもラウンド間に気合溜めして煽ってくるし、それはもう格闘ゲームならではの煽り合いをしていたんですよ。
そんな感じの雰囲気の中で僕が8連勝くらいしたときに、その二人組が後ろに回り込んできて首にタバコの火を押し付けてきて、アチッ!ってなったと思ったら髪の毛を掴まれてそのまま筐体の画面に顔をバーン!ってやられて(笑)


イツクリマン2016

世紀末。


th_ユウ顔アイコン

そこから投げるように転ばされたんですが、その時点でやっと「あ、これは絡まれてるんだな」って事態を認識しましたね。
まあ、直ぐに警察が来ましたけど。


イツクリマン2016

鉄拳7から豪鬼が参戦して大きな話題となりましたが、賛否両論がかなり別れるキャラクターだと思います。
ユウさんはどのように感じていますか?


th_ユウ顔アイコン

やっぱりか…と言った感じですね。
開発としても想定外だったんじゃないかな?って思えるようなコンボやネタがドンドン発掘されていって、いくら他ゲーからのゲストキャラでもやりすぎなんじゃないかと思ったこともありました(笑)
豪鬼の一番ヤバイと言われている技について説明すると、空中竜巻斬空脚っていうのがありまして。


イツクリマン2016

その技はストリートファイターシリーズでも大体ヤバイ。


th_ユウ顔アイコン

あ、そうだったんですか?(笑)
鉄拳シリーズのリターンが大きい技って相手の軸移動に弱いとか、リーチが短いとか、確定反撃を貰うとか、そういった調整をされているんですが、空中竜巻斬空脚の場合はコンボ始動にもなって、相手の横移動にもヒットしてスカ硬直が無いに等しく、なおかつガードさせて有利というマジでありえないクソ性能なんですよ(笑)
ガードで反確にしろよとか、スカ硬直を増やせっていう意見がすごく多かったんですけどそれだと2D格ゲーから入ってきたキャラなのに飛びがモッサリしてしまって、従来の鉄拳キャラと変わらなくなっちゃうなと思ってたんですよね。
今回のバランス調整で(取材当日はVerアップの日でした)、ガード側が早く動けるように調整されたんですが、開発さんとしても豪鬼の面白さを無くさないように心がけているんだなと感じました。


イツクリマン2016

なんとなく見た目は鉄拳に馴染んでるけど、アイツだけ一人でストリートファイターしてるのが面白いですよね。


th_ユウ顔アイコン

鉄拳ならではの固有テクニックである山ステや野ステを使わずに高段位になっているプレイヤーもいますからね。
2D格ゲーやってた人が鉄拳の基礎をすっ飛ばして上手い奴らと渡り合えるキャラクターって、ヘイトは溜まるでしょうけど凄く良いことだと思いますし、例えば次は原田さんが冗談かもしれないけどSNSで仰っていたSNKからギースを参戦させるとか、そういうのがあっても面白いと思います(笑)







続きはゲーセンフリーペーパー『ゲームと人』で読んでねっ!
鉄拳の魅力や、トーナメント&賞金についての率直な話まで語ってもらっているぞ!
※配布店舗がお近くに無い場合は?
コチラの【イツキと写真 通販ショップ】より1部100円でお買い求め頂けます


◆『ゲームと人』配布店舗のご案内◆
東京
・ゲームニュートン 大山店←『ゲームと人々』取り扱い店舗
・ゲームニュートン 志村店
・西日暮里バーサス
・ピア21小平店
・えびせん←『ゲームと人々』取り扱い店舗

埼玉
・プレイスポットビッグワン2nd 南浦和←『ゲームと人々』取り扱い店舗
・マグマックス川越

千葉
・ゲームチャリオット五井店
・船橋ファンファン←『ゲームと人々』取り扱い店舗

神奈川
・クラブセガ相模大野
・フリーダム横浜

新潟
・テクノポリス 長岡店←『ゲームと人々』取り扱い店舗

宮城
・プレイランド エフワンR

長野
・ニャライズ

大阪
・アテナ日本橋
・エンジョイパラダイス←NEW!

京都
・neo amusement space a-cho

和歌山
・ピタゴラス←NEW!

岡山
・ファンタジスタ岡山←『ゲームと人々』取り扱い店舗

高知
・えの木



ゲームと人々表紙画像!

B5判 フルカラー60ページ
価格 1,000円
※吉原基貴先生、表紙描き下ろし!!

収録内容
「ゲームと人」 Vol.01 ヴァンパイアセイヴァー さかもと氏
「ゲームと人」 Vol.02 AC北斗の拳 K.I氏
「ゲームと人」 Vol.03 餓狼MOW わた氏
「ゲームと人」 Vol.04 BLAZBLUE かきゅん氏
「ゲームと人」 Vol.05 ぷよぷよ通 ALF氏
「ゲームと人」 Vol.06 実況者 アール氏
「ゲームと人」 Vol.07 バーチャ/STG ホームステイアキラ氏
「ゲームと人」 Vol.08 KOF/電撃FC 大御所氏
「ゲームと人」 Vol.09 スト3サードストライク 力丸氏
「ゲームと人」 Vol.10 恋姫演武 伝説のオタク
イツキが行く!ゲーセン探訪記



↓バックナンバー等のお取り扱いはコチラ
◆イツキと写真 通販サイト◆

↓『ゲームと人』for Kindleはコチラ
◆Kindleストア◆

↓最新情報やゴミ溜めのような呟きを見るならコチラ
◆イツキのツイッター◆
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。